ゴミ処理施設

家庭や社会生活から出るゴミは、生ゴミから粗大ゴミ(耐久消費財や不燃物)まで幅広いため、処分場(埋立地)から浸出する汚水が大きな問題です。したがって、浸出汚水の水量・水質の変動に対して、万全の対応ができることが、地域住民への必要最小限の配慮となります。

装置仕様例

汚水量 300m3/日
流入水質 BOD200mg/l,COD300mg/l,SS200mg/l,T-N300mg/l,Ca500mg/l
放流水質 BOD10mg/l,COD10mg/l,SS10mg/l,T-N8mg/l,Ca100mg/l
処理方式 凝集沈殿+生物処理+凝集沈殿+砂ろ過+活性炭吸着+消毒
型式 全地下密閉型
No. 工程 処理方式 作用
1 プロセスI 凝集沈殿処理(1)(アルカリ性凝集) Ca,重金属の除去 無機性・有機性SSの除去
2 プロセスII 生物処理(硝化・脱窒) BOD,COD,Nの除去
3 プロセスIII 凝集沈殿処理(2)(酸性凝集) SS状、巨大分子状、コロイド状の有機物(COD)の除去
4 プロセスIV 凝集沈殿処理(3)(フェントン処理) 中分子量状有機物(COD)の除去
5 プロセスV ろ過・活性炭吸着 残存COD,BOD,SS,org-Nの除去
6.0 プロセスVI 消毒 消毒