コンポストシステム

脱水・乾燥・発酵をシステム化した発酵装置

大規模コンポストシステム-FCS型

本装置は、有機性廃棄物発酵処理の技術とノウハウをベースに二次発酵までをシステム化したコンポストシステムです。 処理施設管理室からコントロールができ、脱水・乾燥・発酵・袋詰までの一連の工程は自動化されています。 二次発酵までさせた完熟度の高いコンポストでカリの補給のためにモミガラを炭化させて混合し、肥料の三要素を取り入れ、コンポストの品質を向上させています。 汚泥が約1/50に減量化され、取り扱い易いように造粒したコンポストとして提供します。施設全体から発生する各種の臭気ガスは、捕集後、薬液洗浄塔により完全に脱臭し大気に排出します。

処理フロー

脱水・発酵を一体化した発酵装置

汚泥高速発酵装置-FCN型

本装置は、有機性廃棄物発酵処理の技術とノウハウをベースに完成させた【汚泥高速発酵装置】です。ユニット化した汚泥脱水機と発酵機を組合わせたシンプルなシステムで、発酵機の空気吸い込み条件、撹拌条件を発酵最適条件で制御することにより、副資材を全く使用せずに約1週間での発酵処理が可能となります。

省スペースのコンパクトシステム

脱水機と発酵機をユニット化した、コンパクトデザインの省スペース型装置です。

安いランニングコスト

本装置は、副資材を全く使用しません。また、水分蒸発は発酵熱を最大限利用し、不足分のみヒーターで補っています。従ってランニングコストは安価となります。

万全な悪臭対策

発酵時に高濃度のアンモニアと、臭気の強いイオウ化合物が発生します。本装置ではアンモニアを洗浄塔で、イオウ化合物を生物脱臭塔で除去し、万全な悪臭対策をとっています。

フローシート