学校施設

給食施設がある場合を除いて一般に低濃度であり、長期間の休暇がある等の特徴があり、設計時に充分な配慮が必要となります。また、特殊な排水(重金属、酸、アルカリなどの実験室からの排水)は別途の排水処理施設が必要です。

装置仕様例

汚水量 620m3/日
流入水質 BOD180mg/l,SS200mg/l,COD100mg/l
放流水質 BOD10mg/l,SS20mg/l,COD20mg/l
処理方式 接触ばっ気+接触酸化(+急速ろ過)
型式 半地下開放型

各プロセスの水質例

プロセス 項目 PH BOD COD SS
原水 7.2 172 84.6 68.9
二次処理水 6.4 13.6 15.5 15.0
生物ろ過水 6.8 8.5 13.8 5.0
放流水 6.8 7.0 11.6 5.0
再利用水 6.8 8.5 13.8 3.0