厨房排水処理

高濃度・高油脂に対処する水処理システム

病院、ホテル、学校、レストランなどの厨房からの排水は、和食・洋食・中華など多くの種類があり、その排水は、BOD・SS成分が高濃度なうえ、動植物性油脂分を多く含んでいます。油分など汚濁の著しく高い厨房排水を、下水道へ放流する場合は、下水道受入れ水質の基準値を上回るため、「除害施設」の設置が必要となります。

油脂分解装置
油脂分解剤

参考処理フロー

除害施設の設置に関する条例の基準となる水質一覧(下水道法施行令第9条の抜粋)

項目\種類 一般の場合 工場排水が1/4以上を占める場合
1.温度(℃) 45以上 40以上
2.pH 5以下、9以上 5.7以下、8.7以上
3.BOD含有量(mg/l 5日間) 600以上 300以上
4.浮遊物含有量(mg/l) 600以上 300以上
5.ノルマルヘキサン抽出物質  
 イ)鉱油含有量(mg/l) 5以上 5以上
 ロ)動植物油脂含有量(mg/l) 30以上 30以上
6.ヨウ素消費量(mg/l) 220以上 220以上
7.フェノール類含有量(mg/l) 5以上 5以上
  • 各自治体にて条例及び指導等があり、物件単位で計画時に基準値を確認する必要があります。